Search
Generic filters
Filter by Custom Post Type
海難1890
▲ 作品情報を閉じる ▲
解説
日本とトルコの友好関係の礎となったエルトゥールル号遭難事件を題材に、日本・トルコ合作で映画化したヒューマンドラマ。1890年9月、オスマン帝国の親善訪日使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号が和歌山県沖で座礁し、乗組員618人が荒れ狂う海へと投げ出された。500人以上もの犠牲者が出る中、地元住民の懸命な救助活動によって69人の命が救われ、トルコへ帰還。この事件をきっかけに、日本とトルコの間に厚い友情が結ばれることとなった。そして1985年、イラン・イラク戦争で緊張が高まるテヘランに日本人215人が取り残され、日本大使館はトルコに救出を依頼する。「家路」「臨場」の内野聖陽が、エルトゥールル号乗組員の介抱に奔走する医師役で主演。ヒロイン役の忽那汐里はそれぞれの時代に生きる女性を1人2役で演じた。監督は「利休にたずねよ」「化粧師 KEWAISHI」の田中光敏。
キャスト
内野聖陽、ケナン・エジェ、忽那汐里、夏川結衣、永島敏行、小澤征悦、宅間孝行、大東駿介、渡部豪太、徳井優、小林綾子、螢雪次朗、かたせ梨乃、竹中直人、笹野高史、川野直輝、三輪ひとみ、斉藤とも子、池谷のぶえ、みのすけ、辻本祐樹、金子昇、高田敏江、上田耕一、ウール・ポラット、メリス・ババダー、タメル・レベント、デニズ・オラル、エライ・アヤズ
再生する

コメント

avatar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!