Search
Generic filters
Filter by Custom Post Type
菊とギロチン
R15+映像警告:15歳以下の方は見てはいけません。
▲ 作品情報を閉じる ▲
解説
「64 ロクヨン」の瀬々敬久監督が、「ヘヴンズ ストーリー」以来8年ぶりとなる自身のオリジナル企画として手がけた青春群像劇。大正末期、人びとが閉塞感にあえぐ関東大震災直後の日本。ある日、東京近郊に女力士たちに交じって、元遊女などワケあり娘が集う女相撲の一座「玉岩興行」がやって来る。新人力士の花菊は、夫の暴力に耐えかねて家出をして女相撲に加わり、「強くなって自分の力で生きたい」という一心で厳しい練習を重ねていた。興行当日、会場には師と仰ぐ思想家の大杉栄が殺害され、その復讐を画策するためにこの地に流れ着いた中濱鐵と古田大次郎らアナキスト・グループ「ギロチン社」の若者たちの姿があった。「格差のない平等な社会」を標榜する彼らは、女力士たちの戦いぶりに魅了され、彼女たちと行動を共にするようになる。新人力士・花菊役の木竜麻生のほか、東出昌大、寛一郎、韓英恵らが出演。ナレーションを永瀬正敏が務める。
キャスト
木竜麻生、韓英恵、東出昌大、寛一郎、嘉門洋子、前原麻希、仁科あい、田代友紀、持田加奈子、播田美保、山田真歩、大西礼芳、和田光沙、背乃じゅん、原田夏帆、渋川清彦、嶺豪一、荒巻全紀、池田良、木村知貴、飯田芳、小林竜樹、小水たいが、伊島空、東龍之介、小木戸利光、山中崇、井浦新、大西信満、川本三吉、高野春樹、中西謙吾、大森立嗣、篠原篤、菅田俊、川瀬陽太、嶋田久作、渡辺謙作、宇野祥平、中田彩葉、鈴木卓爾、小林節彦、松山カオル、飯島大介、上木椛、村上由規乃、森田晋玄、下元史朗、奈良大介、金城左岸、内堀太郎、中村修人、荒堀舞、和久本あさ美、三村晃庸、松村厚、武田一度、吉岡睦雄、柴田一樹、西村達也、申芳夫、渡辺厚人、松倉智子、海野恭二、辻凪子、白井良治
再生する

コメント

avatar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!