Search
Generic filters
Filter by Custom Post Type
夏目家どろぼう綺談
▲ 作品情報を閉じる ▲
解説
第一高等学校教師の夏目金之助の家に18歳のロクが泥棒に入る。金之助に見つかるが、新しい使用人と間違われそのまま住み着くことになった。
この頃の金之助は、教え子に自殺されたことで神経衰弱を患っており、教師の仕事や家庭生活に支障が出ていた。嫌気が差し辞表をロクに持たせたが、その際にロクが読み書きが出来ないことを知る。
金之助はロクに辞書をプレゼントした。ロクは辞書の字を真似て書きまくって字を覚え、本を読みたいと思うようになる。そこで金之助は字を覚えたてのロクがわかり易い内容の本として、小説『吾輩は猫である』を書く。その頃警察へと夏目家に不審者がいるという報が入り、刑事が訪れる。
キャスト
桐谷健太、西井幸人
エピソードを選択してください
あなたは1話を見ています。Back to: 1話

コメント

avatar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!