Search
Generic filters
Filter by Custom Post Type
関ヶ原
▲ 作品情報を閉じる ▲
解説
司馬遼太郎の名作小説を、岡田准一、役所広司、有村架純ら豪華キャスト共演で映画化。「日本のいちばん長い日」「わが母の記」の原田眞人監督がメガホンをとり、石田三成の義を貫いた生き様を軸に、関ヶ原の戦いを真っ向から描き出す。幼くして豊臣秀吉に才能を認められ、取りたてられた石田三成は、秀吉に忠誠を誓いながらも、正義ではなく利害で天下を治める秀吉の姿勢に疑問も抱いていた。そんな三成の下には、猛将として名高い島左近や伊賀の忍びの初芽らが仕えるようになるが、秀吉の体調が思わしくないなか、天下取りの野望を抱く徳川家康は、言葉巧みに武将たちを自陣に引き込んでいった。そして1598年8月、秀吉が逝去。1600年9月15日、毛利輝元を総大将に立てた三成の西軍と、家康率いる東軍が関ヶ原で天下分け目の決戦に挑むこととなる。主演の岡田が不器用で人間味あふれる新たな三成像に挑み、役所が天下取りの野望に燃える家康役を演じる。さらに三成を命がけで守りながら彼に密かに恋心を抱く忍び・初芽役で、有村が本格時代劇に初挑戦した。
キャスト
岡田准一、役所広司、有村架純、平岳大、東出昌大、北村有起哉、伊藤歩、中嶋しゅう、音尾琢真、松角洋平、和田正人、キムラ緑子、滝藤賢一、大場泰正、中越典子、壇蜜、西岡徳馬、松山ケンイチ、麿赤兒、久保酎吉、春海四方、堀部圭亮、三浦誠己、たかお鷹、橋本じゅん、山村憲之介、宮本裕子、永岡佑、田島俊弥、辻萬長、荒木貴裕、安藤彰則、金子太郎、井上肇、山口孝二、北岡龍貴、藤倉みのり、荻野みかん、成田瑛基、辻本晃良、生島翔、猪熊恒和、川中健次郎、大西孝洋、鈴木壮麻、杉山英之、田邊和也、塚本幸男、関口晴雄、齋賀正和、尾崎右宗、西原誠吾、緑茶麻悠、楠本千奈、安藤裕子、高野万優、河城英之介、山崎清介、中村育二、天乃大介、吉村界人、田中美央、福富ゆき、円地晶子、和田菜々、松島圭二郎、原田遊人、清水直子、林卓、鴨川てんし、木場勝己
再生する

コメント

avatar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!