Search
Generic filters
Filter by Custom Post Type
11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち
▲ 作品情報を閉じる ▲
解説
「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)」「キャタピラー」の若松孝二監督が、1970年11月25日、防衛庁内での割腹自決へといたるまでの三島由紀夫と「楯の会」の若者たちの物語を映画化。学生運動全盛期の1968年、三島は文筆業の傍らで民族派の学生たちと「楯の会」を結成し、有事の際には自衛隊とともに決起するべく訓練にいそしんでいた。しかし、警察権力の前に自衛隊は出動の機会すらなく、楯の会の若者たちは苛立ちを募らせていく……。三島を演じるのは、本作のため芸名をARATAから本名に戻した井浦新。
キャスト
井浦新、満島真之介、岩間天嗣、永岡佑、鈴之助、渋川清彦、大西信満、地曵豪、タモト清嵐、中泉英雄、橋本一郎、平野勇樹、鈴木信二、落合モトキ、粕谷佳五、磯部泰宏、小橋和之、水上竜士、安藤岳史、辻本一樹、山岡一、増田俊樹、よこはまよしひろ、中沢青六、岡部尚、安部智凛、寺井文孝、藤井由紀、長谷川公彦、韓英恵、小林優斗、小林三四郎、笠松伴助、小倉一郎、篠原勝之、吉澤健、寺島しのぶ
再生する

コメント

avatar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!